譬ェ蠑丈シ夂、セ繧ュ繝ウ繧ー繝サ繝繝繧ッ

Google繧オ繧、繝亥讀懃エ「シ
 
 
SAS RAID CARD
ARC-1213-4i, ARC-1223-8i, ARC-1213-4X, ARC-1223-8X
製品画像
※別売オプション製品も表示しております。
ARC-1213-4i ARC-1223-8i ARC-1213-4X ARC-1223-8X
ARC-4036ML battery LCD_b  
※画像のRAID CARD以外は全て別売オプション製品となります。  製品には付属いたしません。
  ARC-1223-8i
製品概要
LSISAS2108 Raid-On-Chip (ROC) PowerPC 800MHz を搭載し、SAS6Gb/s・SATA6Gb/sに対応したRAID コントローラです。

RAID 0, 1, 1E(10), 3, 5, 6, 30, 50, 60 に対応し、数テラバイト・クラスの最新 RAID サブシステムと同等以上の性能とスピードを提供します。Array 管理機能は、企業向けシステムで洗練されたものと同じものが用意されています。
もちろん Boot ROM を搭載しているため、構築した RAID Array をブートディスクとして使用し、高速で耐障害性を持ったシステムを作り上げることも可能です。

SASのHDDに対応する事はもちろん、従来のSATA HDDを混在することも可能になっております。

製品の注意事項
■RAID Volume について
Array 構成後、LUN(Logical Unit Number) としてチャネル分けが行われるため、LUN は個々の独立したハードディスクとしてシステムに認識させることが可能です。同一カード内で複数の Array を構成し、異なるディスクとして認識させることが可能ですが、フルパフォーマンスを引き出す必要がある場合、単一の LUN として設定することをお勧め致します。
■スロット位置や相性
M/Bとの相性でARC BootROMを認識できないものもございます。
グラフィックカード機能を競合するPCI Expressスロットにインストールした場合正常に動作できないことがあります。
ご利用になる場合には十分な動作検証を行ってください。
大変申し訳ありませんがそのような場合の起動障害はこちらでは回答いたしかねます。
■製品へのエアフロー
ARC-1880ix-12 26 24 に関しては、ヒートシンクモデルのみとなりますのでPC筐体側のエアフローを十分に確保してください。
もしくは、単独でRAIDCARDに冷却を行えるよう処置を行ってください。
笆謳ュ霈峨☆繧稀DD繧ТSD縺ォ縺、縺縺ヲ
RAID蜷代¢縺ォ陬ス騾縺輔l縺 Enterprise 繝「繝繝ォ繧縲24h蜍穂ス懊r蜑肴署縺ィ縺励◆ DataCenter 繝「繝繝ォ繧偵#蛻ゥ逕ィ縺上□縺輔>縲
繝繧ケ繧ッ繝医ャ繝励サ逵髮サ蜉帙Δ繝繝ォ縺ョHDD/SSD縺ァ縺ッ縲√そ繝ウ繧オ謨ー繧繧ウ繝槭Φ繝峨ョ逵∫払蛹悶↓繧医k謖ッ蜍募ッセ遲悶ョ譛臥┌縺ァ 繧ウ繝ウ繝医Ο繝シ繝ゥ縺梧ュ」蟶ク縺ェ蜍穂ス懈滑謠。繧定。後∴縺ェ縺莠九′縺ゅj縺セ縺吶
蜿医?DD/SSD 繝。繝シ繧ォ閾ェ菴薙′RAID縺ァ縺ョ蛻ゥ逕ィ繧呈耳螂ィ繝サ繧オ繝昴シ繝医r縺励※縺縺ェ縺繝「繝繝ォ繧ょュ伜惠縺励∪縺吶
繝繧ケ繧ッ繝医ャ繝励Δ繝繝ォ遲峨ョHDD/SSD繧呈治逕ィ縺吶k蝣エ蜷医ッ縲∬ェ蟾ア雋ャ莉サ縺ョ荳雁香蛻縺ェ讀懆ィシ繧貞ョ滓命縺励※縺上□縺輔>縲
笆AFT 縺梧治逕ィ縺輔l縺櫞DD縺ク縺ョ蟇セ蠢
迚ゥ逅繧サ繧ッ繧ソ縺4KiB縺ォ諡。螟ァ縺輔l縺櫞DD縺ォ髢「縺励※縺ッ縲∝ッセ蠢懊@縺欅S縺ォ縺ヲ驕狗畑繧定。後▲縺ヲ縺上□縺輔>縲
陬ス蜩√→縺励※縺ッ縲∬ォ也炊512B縺ァ讒区舌&繧後※縺繧稀DD縺ァ縺ゅl縺ー蝠城。後↑縺丞虚菴懊>縺溘@縺セ縺吶
蜈キ菴鍋噪縺ェ萓;
WindowsXP縺ッ縲∫黄逅繧サ繧ッ繧ソ縺4KiB縺ィ縺ェ縺」縺櫞DD縺ォ蟇セ蠢懊>縺溘@縺セ縺帙s縺ョ縺ァ譛ャ譚・繝悶シ繝医ョ繝舌う繧ケ縺ァ縺ッ
縺泌茜逕ィ縺ォ縺ェ繧九%縺ィ縺ッ縺ァ縺阪∪縺帙s縲
繝繝シ繧ソ繝繝舌う繧ケ縺ィ縺励※縺泌茜逕ィ縺ォ縺ェ繧句エ蜷医ョ縺ソ縲仝indows7遲峨ョ蟇セ蠢廾S縺ァ
繝代シ繝繧キ繝ァ繝ウ菴懈舌√ヵ繧ゥ繝シ繝槭ャ繝医r縺吶∪縺帙◆蠕後↓縺泌茜逕ィ縺上□縺輔>縲
機能解説
■Multiple RAID selection
RAIDを構築するときに、ひとつのRAID SET内にRAID levelの異なる複数のVolumeを作成することができます。
■Array roaming
RAID Cardやシステムの故障時にRAID構築情報などを別のRAID Cardやシステムに移すことが可能とする機能。 RAID構築情報はHDDが持つため、RAID Cardやシステムの故障時でもRAID Cardやシステムを交換し、運用することが可能です。
(データの損失の可能性を考え必ずデータのバックアップをとった上で実行してください。データの損失に関する 責任は弊社のサポートの限りではありません。 )
■Background Initialization
RAID 構築をバックグラウンドで行うことで、インストール後RAID Volumeをすぐに動作させることができます。
データの書込を行う際に、RAID Volumeの構築(パリティ計算)が同時に行われることになるため、パフォーマンス上優れているとはいえません。
■Online RAID level migration
RAID Volumeを稼働中に、RAID レベルの変更を行うことができます。
(データの損失の可能性を考え必ずデータのバックアップをとった上で実行してください。データの損失に関する 責任は弊社のサポートの限りではありません。 )
■Online RAID stripe size migration
RAID Volumeを稼働中に、RAID VolumeのStripeSizeを変更することができます。
(データの損失の可能性を考え必ずデータのバックアップをとった上で実行してください。データの損失に関する 責任は弊社のサポートの限りではありません。 )
■Online RAID capacity expansion
RAID Volumeを稼働中に、RAID Volumeの容量を変更することができます。
(データの損失の可能性を考え必ずデータのバックアップをとった上で実行してください。データの損失に関する 責任は弊社のサポートの限りではありません。 )
■Staggered Spin-up
起動時にHDDに対して、時間差で起動をおこなう機能。電源に対する負荷を軽減します。
■Hotswap
Diskの障害時などに、システムの電源を落とすことなくDISKの入れ替えを可能にする機能です。
シリアルATA ハードディスクの場合には、ハードディスクがSerial ATA Revision 2.5規格でサポートしているhotswap機能に対応している必要があります。
■Auto Rebuild
障害時にHDDを差し替えるだけで、自動でrebuildを開始する機能です。
Build/Rebuild中のシステムシャットダウンは絶対に行わないでください。
製品仕様
型番 ARC-1213-4i ARC-1223-8i ARC-1213-4X ARC-1223-8X
コントローラ LSISAS2108 Raid-On-Chip (ROC) PowerPC 800MHz
搭載メモリ DDR2-800 512MB SDRAM ECC With Protection
バスタイプ PCI Express 2.0 X8
HDDインターフェース 内蔵 1x SFF-8087 内蔵 2x SFF-8087 外付 1x SFF-8088 外付 2x SFF-8088
対応HDD動作モード SATA 6.0Gb/s , 3.0Gb/s / SAS 6.0Gb/s 3.0Gb/s
RAIDレベル RAID Level 0, 1, 1E(10), 3, 5, 6, 30, 50, 60 and JBOD
ホットスワップ PCの動作中もHDD交換可能
自動修復機能 PCの動作中もHDD交換可能
※ホットスペア割当を行わない場合、手動でRAIDMemberに加える必要があります。
HDDフェールアラーム Buzzer
冷却FAN 40mm 冷却FAN
動作電力 +3.3V 2.5W +12V 9.6W
寸法 62mm(H) x 168mm(L)
使用環境 温度 +5°c to +60°c
湿度 15-80%
結露なきこと
付属品 マニュアル(CD-ROM),Driver,ユーティリティ
オプション製品型番
ARC-1009B LCDユニット(5インチベイ1段使用)黒
ARC-6120-BAT RAID Card用 バッテリ
必要システム条件
陬ス蜩√r謗・邯壹☆繧九%縺ィ縺悟庄閭ス縺ェ繧、繝ウ繧ソ繝シ繝輔ぉ繝シ繧ケ繧呈園謖√☆繧紀ntel邏疲ュ」繝√ャ繝励そ繝繝医r菴ソ逕ィ縺励◆PC/AT莠呈鋤讖(DOS/V)

窶サ 譛ャ陬ス蜩√ッ縲∵ァ区舌〒縺阪kVolume縺ォ荳玖ィ伜宛髯舌′縺ゅj縺セ縺吶
1Volume縺ォ蟇セ縺励※縲32Drive
1繧ウ繝ウ繝医Ο繝シ繝ゥ縺ォ蟇セ縺励※縲128縺ョRaidSet
窶サ 譛ャ陬ス蜩√ッPCI Express1.1隕乗シ縺ォ蟇セ蠢懊@縺溯」ス蜩√↓縺ェ繧翫∪縺吶ゅx4莉・荳翫ョ繝ャ繝シ繝ウ謗・邯壹ョ縺ゅkPCI Express繧ケ繝ュ繝繝医↓縺ヲ縺泌茜逕ィ縺上□縺輔>縲 窶サARC-1200,ARC-1201繧帝勁縺
窶サ 譛ャ陬ス蜩√ッPCI Express X2莉・荳翫ョ繝ャ繝シ繝ウ謨ー縺ァ蜍穂ス懷庄閭ス縺ァ縺吶′縲∬」ス蜩√ョ隕∵アゅ☆繧九Ξ繝シ繝ウ謨ー莉・螟悶〒縺ョ蜍穂ス懊ッ菫晁ィシ縺縺溘@縺セ縺帙s縲
窶サ 譛ャ陬ス蜩√r繧ェ繝ウ繝懊シ繝鰻GA讖溯ス縺ィ蜈ア譛峨☆繧輝CI ExpressX16繧ケ繝ュ繝繝医↓繧、繝ウ繧ケ繝医シ繝ォ縺励◆蝣エ蜷亥虚菴懊〒縺阪↑縺蝣エ蜷医′縺斐*縺縺セ縺吶
窶サ 繝繧ケ繧ッ繝医ャ繝礼沿HDD縺ァ縺ッ豁」蟶ク縺ォ蜍穂ス懊@縺ェ縺蝣エ蜷医′縺ゅj縺セ縺吶ゅRAID蟆ら畑HDD繧偵#蛻ゥ逕ィ縺上□縺輔>縲
窶サ 2TB繧定カ縺医k螳ケ驥上r險ュ螳壹☆繧句エ蜷医↓縺ッ繝悶シ繝医ョ繝舌う繧ケ縺ォ險ュ螳壹☆繧九%縺ィ縺ッ縺ァ縺阪∪縺帙s縲
窶サ HDD縺ョ譛ャ謨ー縺ォ繧医▲縺ヲ縺ッ髮サ蜉帙′縺九↑繧雁ソ隕√↓縺ェ繧翫∪縺吶 蠢隕√↑髮サ蜉帙r蜊∝縺ォ遒コ菫昴@縺ヲ縺上□縺輔>縲
窶サ 繝上シ繝峨ョ繧」繧ケ繧ッ遲峨↓髮サ貅舌こ繝シ繝悶Ν縺ョ蛻蟯舌r縺吶k繧ア繝シ繝悶Ν遲峨r譛ャ陬ス蜩√↓菴ソ逕ィ縺励↑縺縺ァ縺上□縺輔>縲
対応OS
Microsoft Windows Vista , Windows 7 , Windows 8 , Windows Server 2003 /R2, Windows Server 2008 /R2 , Windows Server 2012 /R2

窶サ64bit迚医↓繧ょッセ蠢懊@縺ヲ縺翫j縺セ縺吶
窶サ譛譁ー縺ョ譖エ譁ー繝サ菫ョ豁」蜀螳ケ縺碁←逕ィ縺輔l縺ヲ縺繧九%縺ィ縺悟燕謠舌→縺ェ繧翫∪縺吶(SP繧貞性繧)
窶サ莉伜ア槭ョ繧ス繝輔ヨ繧ヲ繧ァ繧「縺ッ繧オ繝昴シ繝亥ッセ雎。縺ォ蜷ォ縺セ繧後∪縺帙s縲
窶サ荳玖ィ倥ョOS縺ッ莉」逅蠎励↓繧医k繧オ繝昴シ繝医ッ閾エ縺励∪縺帙s縲
Linux縺ョ蜷繝繧」繧ケ繝医Μ繝薙Η繝シ繧キ繝ァ繝ウ , Solaris , MacOS , FreeBSD , NetBSD 莉
繝輔ぃ繝シ繝繧ヲ繧ァ繧「縲遲峨縲窶サ蠑顔、セWEB謗イ霈峨2015蟷エ01譛14譌・迴セ蝨ィ
繝峨く繝・繝。繝ウ繝磯未菫
繝輔ぃ繝シ繝繧ヲ繧ァ繧「譖エ譁ー謇矩 TCP/IP(譌・譛ャ隱)  
繝輔ぃ繝シ繝繧ヲ繧ァ繧「譖エ譁ー謇矩 ARC HTTP(譌・譛ャ隱)  
繝輔ぃ繝シ繝繧ヲ繧ァ繧「譖エ譁ー謇矩 RS232(譌・譛ャ隱)  
RAID CARD Driver 譖エ譁ー謇矩(譌・譛ャ隱)  
Expander繝輔ぃ繝シ繝繧ヲ繧ァ繧「 譖エ譁ー謇矩(譌・譛ャ隱) 譖エ譁ー謇矩縺後1680繧キ繝ェ繝シ繧コ縺ィ188x繧キ繝ェ繝シ繧コ縺ァ縺ッ逡ー縺ェ繧翫∪縺吶
陬ス蜩√↓驕ゥ縺励◆譖エ譁ー譁ケ豕輔r縺碑ヲァ縺上□縺輔>縲
ARC-5040 ARC-5020 RAID讒狗ッ画焔鬆(譌・譛ャ隱)  
ARC-8050 RAID讒狗ッ画焔鬆(譌・譛ャ隱)  
ARC-5026 RAID讒狗ッ画焔鬆(譌・譛ャ隱)  
譌・譛ャ隱樒ー。譏薙槭ル繝・繧「繝ォ縲菴懈宣比クュ縺ァ繧医m縺励¢繧後ー  
HDD莠呈鋤陦ィ 11x0 12x0 12x2 1680 2013蟷エ08譛06譌・譖エ譁ー
HDD莠呈鋤陦ィ 12x3 12x4 188x 2013蟷エ08譛06譌・譖エ譁ー
SSD莠呈鋤陦ィ(areca蜈ャ髢狗沿) 2013蟷エ05譛20譌・譖エ譁ー
繝輔ぃ繝シ繝繧ヲ繧ァ繧「
ARC-1883蜷代¢縲Ver 1.52-20141230
 
ARC-1882蜷代¢縲Ver 1.52-20141212
 
ARC-1880,ARC-1213,ARC-1223蜷代¢縲Ver 1.52-201400721
 
ARC-12x4蜷代¢縲Ver 1.52-20141212
 
ARC-1680蜷代¢縲Ver 1.51-20120704  
ARC-1212_1222蜷代¢縲Ver 1.51-20120704  
窶サARC-1680,ARC-12x2繧キ繝ェ繝シ繧コ縺ョ6Gbps HDD縺ク縺ョ蟇セ蠢懊↓縺、縺縺ヲ
縲迴セ迥カ縺ョ6GbpsHDD縺ァ3Gbps蝗コ螳壹Δ繝シ繝峨r繧ゅ◆縺ェ縺ЗDD縺ァ縺ッ縲1.5Gbps縺ィ隱崎ュ倥&繧後※縺励∪縺縺セ縺吶
縲窶サ2013蟷エ1譛26譌・縲霑ス險俶ュ蝣ア
縲縲繝輔ぃ繝シ繝繧ヲ繧ァ繧「1.51縺ォ譖エ譁ー縺玲眠隕乗ァ狗ッ画凾縺ョ縺ソ隗」豸医☆繧九%縺ィ繧堤「コ隱
縲譛ャ蜀螳ケ縺ッ縲√ヶ繝ェ繝繧ク縺ォMarvell 88SX6081繧呈政霈峨@縺溯」ス蜩(IOP331,332,333,341)繧
縲ARC-1880繧キ繝ェ繝シ繧コ縺ァ縺ッ逋コ逕溘>縺溘@縺セ縺帙s縲
縲菴縺励`arvell 88SX6081繧呈政霈峨@縺溯」ス蜩(IOP331,332,333,341)縺ァ縺ッ 3Gbps 隱崎ュ倥→縺ェ繧翫∪縺吶
ARC-12XX_ARC-12XXML蜷代¢縲Ver 1.49-20101202  
ARC-12XX_ARC-12XXML蜷代¢縲Ver 1.50-20120104 ARC-1200, ARC-1201
ARC-11XX_ARC-11XXML蜷代¢縲Ver 1.49-20101202  
ARC-1300_ARC-1320蜷代¢縲Ver 1.07d_20140206  
SubSystem陬ス蜩(RAID BOX)蜷代¢ ARC-5040 USB3.0 繝悶Μ繝繧ク繝輔ぃ繝シ繝
窶サARC-8050/T2 縺ォ髢「縺励※縺ッ縲1.52-20141212
窶サARC-5028T2 縺ォ髢「縺励※縺ッ縲1.52-20141212
窶サARC-8040 縺ォ髢「縺励※縺ッ縲1.51-20131220
窶サARC-5026 縺ォ髢「縺励※縺ッ縲1.52-20141212
窶サARC-5040 縺ォ髢「縺励※縺ッ縲1.50-20120305
窶サARC-5020 縺ォ髢「縺励※縺ッ縲1.50-20120305
縲縺後◎繧後◇繧梧怙譁ー縺ィ縺ェ繧翫∪縺吶
繝峨Λ繧、繝
SAS/SATA RAID CARD , HBA Driver
窶サ6.20.00.29 , 6.0.0.9
窶サWindows8,Server2012繧偵#蛻ゥ逕ィ縺ョ蝣エ蜷医ッ6.20.00.28莉・荳翫↓譖エ譁ー縺励※縺上□縺輔>縲
窶サARC-1680遲峨r縺泌茜逕ィ縺ァ6.20.00.27繧剃スソ逕ィ縺励◆蝣エ蜷医√ヵ繝ェ繝シ繧コ縺吶k縺薙→縺後≠繧翫∪縺吶
ARC-8050/T2_5026逕ィDriver
縲6.20.00.29
縲繧、繝ウ繧ケ繝医シ繝ゥ縺ッWindows7_8縺ョ縺ソ蟇セ蠢懊
縲繧、繝ウ繧ケ繝医シ繝ゥ縺ァ縺ッDriver縺ョ莉悶↓ArcHTTP,CLI縺後う繝ウ繧ケ繝医シ繝ォ縺輔l縺セ縺吶
縲縺薙l繧峨′蠢隕√↑縺蝣エ蜷医ッ縲ヽAIDCARD逕ィDriver縺ョStorePort迚医r縺泌茜逕ィ縺上□縺輔>縲
縲窶サSCSI PortDriver縺ァ縺ッ繧、繝ウ繧ケ繝医シ繝ォ縺ァ縺阪∪縺帙s縲
縲Windows2008繧2012縺ァ縺泌茜逕ィ縺ォ縺ェ繧句エ蜷医ッ縲.river縺ョ縺ソ繧、繝ウ繧ケ繝医シ繝ォ縺励※縺上□縺輔>縲
繝。繝シ繧ォ繧オ繧、繝
譛譁ー繝輔ぃ繝シ繝繧ヲ繧ァ繧「繝サ繝峨Λ繧、繝舌サ繝ヲ繝シ繝繧」繝ェ繝繧」縺ッ Areca Technology Corporation Support & Download 繧医j蜈・謇九〒縺阪∪縺吶