Kingtechホーム 免責事項免責事項

ARAID M300

ARAID M300

accordance


ARAIDM300-A-W

HDDの着脱もしやすいリムーバブルトレイ式のハードウェアRAIDコントローラを搭載したRAIDユニットで、 ハードウェアRAIDコントローラは製品に内蔵されているため、追加のRAIDカードなどは不要。  HDDの障害時にはブザーとLCDでお知らせをします。  自動再構築機能(Auto Rebuilding)も搭載されているため、破損したHDDを交換し新規HDDを差し込むだけで Rebuild を開始します。

内部処理にパラレルATAへの変換を行いませんので、全体のパフォーマンスが大幅に向上しています。 シリアルATA接続時はシーケンシャルアクセス時の速度200MB/s超えを実現。  Rebuild速度も大幅に向上し、ARAIDM100シリーズと比べ60%UPとなっています。

好評だった、山洋製FANも引き続き搭載されます。

  製品仕様

型番 ARAIDM300-A/B ARAIDM300-A/W
コントローラ accordance 3Gb/s ハードウェアRAIDコントローラ
PCインターフェース SirialATA
HDDインターフェース SirialATA ※ 2.5専用
対応HDD動作モード SATA 3.0Gb/s , 1.5Gb/s
RAIDレベル RAID Level 0, 1
機能 Hotswap, Auto Rebuild, Array roaming,
マネジメントポート 専用 RS232C
マネジメント表示 LCD + 操作ボタン
HDDフェールアラーム Beep Buzzer, LED
冷却FAN 60mm x1 冷却FAN
寸法 43mm(H) X 146mm(W) X 165mm(D)
重量 650 g
付属品 マニュアル(CD-ROM),Driver,ユーティリティ,RS232c ケーブル,RS232c to USB2.0 専用ケーブル,専用RS232cブラケットtoコネクタ
▲ ページのTOPに戻る ▲

  製品仕様

型番 ARAIDM300-A/B/IDE ARAIDM300-A/W/IDE
コントローラ accordance 3Gb/s ハードウェアRAIDコントローラ
PCインターフェース パラレルATA
HDDインターフェース SirialATA ※ 2.5専用
対応HDD動作モード SATA 3.0Gb/s , 1.5Gb/s
※AFT(512e)規格のHDDはご利用になれません。
RAIDレベル RAID Level 0, 1
機能 Hotswap, Auto Rebuild, Array roaming,
マネジメントポート 専用 RS232C
マネジメント表示 LCD + 操作ボタン
HDDフェールアラーム Beep Buzzer, LED
冷却FAN 60mm x1 冷却FAN
寸法 43mm(H) X 146mm(W) X 165mm(D)
重量 650 g
付属品 マニュアル(CD-ROM),Driver,ユーティリティ,RS232c ケーブル,RS232c to USB2.0 専用ケーブル,専用RS232cブラケットtoコネクタ
▲ ページのTOPに戻る ▲

  ファームウェア・ドキュメント関連

ソフトウェア
ARAID Manager
ご購入のお客様で紛失した方にのみ配布
ARAID SMART v1.0.14
ご購入のお客様で紛失した方にのみ配布
Driver
PL2303 USB to RS232 Driver
同梱CDROM内のDriverでは正常にインストールできません。
USB to RS232接続を行う場合はこちらのDriverをご利用ください。
ファームウェア
100519.1
 評価・検証バージョン
100707.1
 リリースバージョン
[修正] S.M.A.R.T.情報の正常回答 ※IFtoRAID間
[修正] AHCIモードへの対応
※本バージョンには2台目認識用ファームウェアは公開しておりません。

[重要] 構成情報の書き込み位置 62
[重要] UEFIブート対応
[重要] AFT HDD利用時XP等開始セクタ63で始まるOSではご利用になれません。
130401.1
[修正] インターフェースとHDDの通信に問題が発生した際、再試行する回数を変更
[修正] 不良セクタ発生時にLCDに表示
    S,M,A,R,T,による自己診断
    表示時はRAIDの故障ではなくHDDの故障となります。
※本バージョンには2台目認識用ファームウェアは公開しておりません。

[重要] 構成情報の書き込み位置 62
[重要] UEFIブート対応
[重要] AFT HDD利用時XP等開始セクタ63で始まるOSではご利用になれません。
130620.1
[修正] インターフェースとHDDの通信に問題が発生した際、再試行する回数を変更

[重要] 64bitOSでのUEFIブートに対応しません。
[重要] 構成情報の書き込み位置を変更 62 > 20
※注意事項
RAID構成情報の書き込みセクタを変更しております。
旧ファームウェアで運用の環境から本ファームウェアをご利用になる場合
必ず、Rebuild(Build 初期構築)を行なってください。
▲ ページのTOPに戻る ▲