2010年2月24日 areca製品 ファームウェア更新のご案内
日頃弊社製品のご愛用まことにありがとうございます。

areca社製RAID CARD製品において正式版ファームウェアの更新が行われましたのでご案内いたします。
正式な更新内容等はareca社のFTPサイトよりダウンロードしご確認お願い申し上げます。


大まかな更新内容は下記の通りです。

[修正]Ping_Pong でのPCI DMA のサポート
[修正]GUIでのModify時にRAID 50 60 にすることができなかった
[修正]PMC製 Expandor でのSATA HDD利用におけるパフォーマンス向上
[修正]Write through時にヴォリュームが何回か動作した後に削除されてしまう
[修正]Tyan製 7025Sへの対応
[修正]ARC HTTPで128のVolumeSetがあるときに表示されない
[修正]ARC1201 1202 5020でのWesternDigital製 1TBHDDの問題
[修正]SES2のDiseble機能を追加
[修正]ARC1200 1201 1202 においてIntel S55200HC でハングアップしてしまう問題
[修正]IOP34xシリーズでのCPU Vcore 1.2Vの高電圧を発見した時に調整する機能
[修正]PCI.CでのSetXferLenの割り込み問題
[修正]ARC1680のFAN故障検知機能の出荷時設定がDisebleになりました。
[修正]ARC1680で、SMART機能に問題のあるHDDをホットスワップした時にハングアップしてしまう。

[更新]1680シリーズのSATA HDDのMicroCodeを更新
[更新]SAS HDDのMicroCodeを更新
[更新]SuperMicro製Expandorにおいての温度検出機能


更新方法やファームウェアに関しては、メーカサイトもしくは、弊社の各製品ページよりダウンロードしてください。